50の空 2016年製作




川面に苔むす石みたいに 

安らかに時を見送るはずが

坂道を登ったり転げ落ちたり 

いまだに平らな場所は知らず


見上げた50の空は 今までと何も変わっちゃいない

眼に映る50の空に 希望見つけて まだまだ行かねばならぬ

ほとばしるマグマも冷えてゆき 

どっしりと動かざる山になるはずが

冷めきれぬ想いを抱えたまま 

分かれ道で右往左往してる 

見上げた50の空は 今までと何も変わっちゃいない

眼に映る50の空に 汗拭いながら まだまだ行かねばならぬ

見上げた50の空は 今までと何も変わっちゃいない

眼に映る50の空に 希望見つけて まだまだ行かねばならぬ

まだまだ行かねばならぬ





COLUMN~コラム

このコーナーは毎回アーカイヴの曲で構成されているけど、今回はなんと今もっとも新しい曲の紹介です。「50の空」・・・オイラもめでたく昨年50才になったのだけど、そこを越えた瞬間から「もう50なんだから・・・」という思いが多くなってきた、たぶんそれはオレだけじゃないのだろうけど。一説によると「人は自分で年齢を決めている」という、50だから50才なんだ!よく考えると40代と何も変わっていない、まして思っていた50才とは全然違うし。それとMCで語っているが年齢を歌った曲は「22才の別れ」とか「15の夜」とは若い時を表現しているのはたくさんあるけど50は無いな、ということで新機軸に踏み込んでみた。

しかしよく考えたら若い年代は通過した人が多いけど、50才を通過した人は少ないから共感されないのではと気づいた(笑)・・・それでもいいんです!今の想いを伝える姿勢で歌います。