渇いた疾走 2013年製作




闇の景色の視界は狭まって 

踏みつけるアクセル 響くエキゾーストノート  

奴らの蔑んだ目つきが突き刺さり

オレのこの心とこの身体を蝕んでゆく

駆け抜けて 沈黙を破り捨て 

駆け抜けて 渇いた疾走


抑え込まれた鎖を引きちぎり

路面(みち)を照らすヘッドライト 自由へのランナウエイ

描いていたものと現実が離れてゆく

本当のオレが牙をむき叫びを上げる

  駆け抜けて 逆襲のシナリオへ

駆け抜けて 渇いた疾走

駆け抜けて 沈黙を破り捨て

        駆け抜けて 渇いた疾走




COLUMN~コラム

今回の「渇いた疾走」は比較的あたらしめの曲なのだが、このマイナーなコード進行とスピード感のあるストローク奏法の組み合わせは随分前、20年くらい前に曲のみできていたものである。当時東京のライブハウス「マーキー」で共演して以来、茨城の自分達企画のライブにも度々参加してくれて親交も深かった高田幸夫氏の「街と道の雨」という曲にかなり影響を受けている・・・こんなかっこいい弾き方もあるんだ!ということで早速真似てみたけど(パクリではないよ)曲が斬新すぎて?詞が乗らなくてずいぶんと長い間「お蔵入り」していた。年月が経ち、オレも成長したのか「抑圧されたものから脱け出すパワー」を表現してようやく曲にマッチした詞が書けたのでめでたく完成したのである。練習でこの曲を弾くとき不意に故郷へUターンして音信不通になっている高田氏は今頃どうしているのか?音楽続けているのかなあ、などと思いをはせている。もしかこのHP見てたら連絡下さいね~。